こんにちは、ミイです。

VIO脱毛したい!でも・・・(恥ずかしい)

脇も腕も脚も脇脱毛したけどデリケートゾーンはまだなの・・・

このような人はいっぱいらっしゃいませんか???

脱毛サロンに行き慣れている方でも、なかなかVIO脱毛をしようと決断するにはそれなりの勇気がいるものなのです!!

そこで、このページではVIO脱毛を行うかどうか思い悩んでいる人のために、「脱毛の前に確かめた方が良いこと」「VIO脱毛の良い面と悪い面」、などについてお伝えしたいと思います。

是非とも、押さえておいてくださいね!

1:最初は自分だけで悩まず誰かに相談しよう

脱毛のことで友人と話したりする場合もありますが、実際脱毛を行うのは自分ですよね。だから「自分自身のことは自分で決める」のが当然と思っている方が多いと思います。

けれど、ちょっとお待ち下さい!

決断の前に確認すべきことがあるのです。

パートナーに聞いてみる

恋人、または旦那様がおられるなら、VIO脱毛について相談してみた方がいいでしょう。

というのも、すべての男性がVIO脱毛に好印象をもっている訳ではないからです。

ビキニラインの形や無毛にすることが原因で、パートナーとの関係性が悪くなってしまう場合があるのです。

パートナーに脱毛のことを秘密にしておくことはできません。

「オレは脱毛しない方がよかったのになぁ」

ということになってからでは、取り返しがつきません!

でも最終的に決めるのは自分!

パートナーに相談した結果、無毛にすることになったとします。

そう決断した後に再度「本当に無毛にしてもいいのか」と考えてみましょう。
脱毛してしまったら、もう毛は生えてきません。

将来、パートナーが変わることがあるかもしれません!!

悔いの残らないVIOの形や毛量等、熟考してから脱毛しましょう。

デリケートな部位なればこそプロの力を借りる

デリケートゾーンを他人に見られるのが恥ずかしいからといって、セルフケアをしたいと考えている人は多いと思います。

しかし、デリケートな部位であるからこそプロにお願いするべきです。

しろうとがセルフケアをすると、色素沈着(黒ずみ)等お肌のダメージを与えてしまう場合があります。

またデリケート部位の脱毛は、一番痛い部位です。

お肌の状態が良くないときは、痛みがさらに増すこともあるのです。

2:VIO脱毛って痛みを伴う?

VIO脱毛は他の部位と比較して、痛みが大きいです。

しかしながら、「痛み対策は何もないのか」と言われると、そうでもありません。

前もって気に留めておく

VIO脱毛をした方でも「案外痛くなかった」と話す人もいます。

勿論個人個人により差はありますが「想定していた痛み」と「想定していなかった痛み」はハッキリと違います。

あらかじめVIO脱毛するときの痛みを想定し、メンタル部分も調整しておくと痛みを軽減できると思います。

はじめての脱毛が最も痛い

これはデリケート部位にばかりではないですが、脱毛は最初が一番痛いものです。
特に、脱毛未着手部位は毛量が多く、1本1本が太いためです。

しかし、脱毛を継続することでだんだんと毛量が少なくなり、毛も細くなってきます。

2回目以降は痛みが軽減されるか、そうでなかったとしても初めてのとき同じ位と考えていいでしょう。

つまり、

「初めての脱毛の痛みが耐えられるなら、それ以降も大丈夫!」

ということです。

痛みがキツイ場合は気兼ねせず相談

レーザー脱毛や光脱毛は、マシンのパワーにより痛みが変わります。

パワーが強ければ強い程痛く感じ、低ければ低い程痛みは軽減されます。

痛いときは遠慮せずにスタッフさんにパワーを下げてもらいましょう。
ただし、パワーを下げれば脱毛効果も下がります。

自分に合う最適なパワーの強さを担当スタッフさんとよく打ち合わせしましょう。

コンディションを整えて

脱毛の痛みは体調や肌の状態によって大きく変わります。

多忙で疲労しているときや、日焼けしているときなどに施術すると、いつもより痛みを強く感じるかも知れません。

とりわけ、痛みを感じ易いVIO脱毛のときはコンディションを整えてから行くようにした方がいいですよ!

それでも痛いのはイヤ!そんなアナタには光脱毛がオススメ

脱毛サロン・医療機関の脱毛方法は大まかに分けて4種類あります。
(光脱毛・レーザー脱毛・ニードル脱毛・ワックス脱毛)

そのなかでも、痛みが少ないのが光脱毛です。

さらに光脱毛にはIPL脱毛とS.S.C脱毛の2種類があり、S.S.C脱毛はお肌が受けるダメージが少なく、VIO脱毛に最適と言われています。

痛いのがイヤな人は、S.S.C脱毛を導入しているお店を選びましょう。

>>キレイモの光脱毛(S.S.C脱毛)はこちら

IPL脱毛って?
インテンス・パルス・ライトという光線を毛や毛根やその周辺組織に照射することにより、熱エネルギーでムダ毛の再生能力を破壊する脱毛方式。

S.S.C脱毛って?
レーザー脱毛と比較して肌への刺激が少ない光脱毛。光脱毛の中でも最も肌にやさしい脱毛方法。

3:VIO脱毛の途中で無毛状態になることについて

「私はVIOラインの毛は残す(ツルツルにする訳じゃない!)」

という方は多いと思いますが、

ツルツル予定のない方でもVIO脱毛を行っているプロセスで〝無毛状態〟になる時期があるんです! 

VIO脱毛途中の無毛状態って?

デリケートラインを逆三角形や卵型等形を決めて残すといった場合でも、毛がボーボーな人は、完成形がきれいになるようデリケート部位全体へ照射し、毛量を抑制することもあり得ます。

「デリケート部位全体に照射する」という事は、施術後一時的に、ムダ毛が一切無いツルツルの状態になちゃうのです!!
これこそが、無毛状態です。

ビックリですよね!!

一時的とはいえ、ビキニライン周辺の毛を残したい部位までは照射したくない!
そういう場合は、部分的に照射することもできます。

どうしても私のように毛深くて、ビキニライン全体の毛量を減らしたて、完成形をキレイにしたい人だけ全体に照射します。

一時的には無毛状態になるので、パートナーがいる場合は、注意してくださいね。

実際、VIO脱毛を行う方はIライン・Oラインをきれいに脱毛し、Vライン周辺は薄く、小さく残すという方が多いです。

男性の脱毛知識は充分ではない

医療機関・サロンでの脱毛が低価格になり、昨今では男性でも脱毛をする人が増加傾向にあります。
でも実際のところ、世間の男性は脱毛についての知識が不十分なのです。

ましてや、脱毛プロセスで無毛状態があることについて知識がある男性は滅多にいません。

無毛状態にすることは、欧米諸国と比較して、我が国はそれ程定着しておりません。

無毛状態を見た男性は、

「何か変な性癖があるのではないか」

と誤解しちゃうかもしれません!!

男性にとっての理想のアンダーヘアはさまざまです。

先述のようにパートナーと話し合い脱毛の知識を伝えておきましょう。

4:脱毛メリットは外観だけとは違います

脱毛のメリットは、外見上の美しさを想定する方が多いことでしょう。

理想の下着や水着を着用するために、VIO脱毛をする人は多いと思います。
しかし、VIO脱毛の良さは外見上の美しさばかりではありません。

 

セルフケア時間の節約

デリケートゾーンは死角が多く、セルフケアすることがすごく難しい部位です。
美への関心が高い方ほど時間を費やしてケアしていると思われますが、脱毛後はそんな心配をする必要はないのです。
これまで小さい水着や下着を着用する前にセルフケアで費やしていた時間を大幅にカットできるのです。

突然のお誘いでも大丈夫

VIO脱毛をすると大胆な下着や水着をためらわず身に付ける事ができます。
VIO脱毛をやり遂げていれば、男性からの突然のお誘いがあっても、「ヤバい!今日はちょっと・・・(汗)」という心配もなくなります。
性行為のとき、感度が良くなったという方もいるそうです。

自信がもてる

デリケートゾーンの毛量や毛の濃さにコンプレックスを抱いている方は少なくありません。
とりわけ日本は温泉文化もあったりして、他人にも裸を目にされる事があります。
しかし、VIO脱毛をしていればそうした心配はご無用です。
脱毛したことによって自分に自信がもてるという声もあるのです。

臭いの減少

脱毛後は経血やおりもの、排泄物などが毛に付着する事がなく、デリケートゾーンをキレイに保つ事が可能です。
加えて下着の中の通気性が良くなるため、生理中の痒みや臭いが減って、不快な感覚が緩和されます。
女性にとって嬉しいことずくめ間違いなしですね。

まとめ :VIO脱毛で快適生活

VIO脱毛には欠点もありますが、長所のほうがたくさんあるように思います。
現実、VIO脱毛を完了した人は「早くやっておくべきであった」というような感想を抱く方が多いそうです。

男性の考えも若い年代であるほど、ちゃんとケアしていることに好印象を持つ人が多く、これから先もその割合は増えていくでしょう。

パートナーとの話し合いはもちろんのこと、脱毛サロンスタッフや担当医にも入念に相談して脱毛を行っていくことが大切だと思います。

>>沖縄でおすすめの全身脱毛サロンはこちら